組合活動

NTT労働組合 九州総支部 > 組合活動

長崎平和フォーラム

2011.08.25.木曜日

長崎平和フォーラム ‐もうひとつの絆‐

 

8月8~9日、核廃絶、恒久平和を願うとともに、東日本大震災の早期、復興・再生に向けてともに歩んでいく思いのもと『絆』をテーマに「第22回長崎平和フォーラム」が開催されました。

 

 そうした中、現地支援スタッフとして、情報労連傘下の若手組合員が全国から30人集結し、8月3〜9日まで支援活動を行ないました。具体的な活動としては、①参加者へ配布する資料の整理、②戦跡ガイド、③全参加者イベントの企画・作成、④会場内に設置する造形物と万灯の作成、⑤構成詩で披露する歌・手話の練習など連日遅くまで取り組みました。また、「電気通信労働者・原爆被爆死没者慰霊式」における会場設営・交通整理など現地事務局の指導のもと、長崎平和フォーラムの運営に貢献しました。

 

構成詩の練習風景

 

03.jpg

造形物作成・ガイド

 

グループに分かれての作業
①参加者への配付する資料の整理
②遺構ガイド
③会場に展示する造形物作成
 

09.jpg
 長崎平和フォーラム

 

フォーラム当日。大きな声で唄い、手話を行ない、平和の思いをとどけた。

 

05.jpg
10.jpg
 

■万灯ながし

 

フォーラム参加者により、平和へのメッセージが書き込まれた万灯を浦上川に浮かべ、犠牲者の冥福と平和を祈った。

06.jpg

■もうひとつの絆

 

長崎平和フォーラムの参加者アンケートでは、支援スタッフに対しての感謝の言葉を多くいただきました。
 支援スタッフは、困難な時も持ち前の若さとチームワークで乗り越え、約1週間におよぶ支援活動を通じ、何事にも変えられない大きな「絆」を手に入れました。
※☚写真は情報労連福岡県協の支援スタッフ。

07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ページ上部へ